レーシックのメリットとリスク

レーシックを知る

レーシックとは

レーシックは角膜屈曲矯正手術のひとつです。角膜にレーザーを照射して形を変え、同時に屈曲率を変えることで視力を矯正するのが目的です。照射にはエキシマレーザーというレーザー光を使い、レーシック手術を受けるとめがねやコンタクトレンズなしの裸眼での生活が可能になります。

レーシック手術では、まず角膜の表面を薄く削ってフタのようなものを作ります。このフタのようなものはフラップと呼ばれます。レーザー光はフラップをめくつた部分に照射し、その後フラップを戻します。戻したフラップは自然に定着し、レーザー照射で薄くなった角膜の屈曲率は下がるので近視が矯正できる仕組みです。

レーシックの手術自体は短時間で済みますが、手術の後は経過の観察も兼ねて安静にしていることが必要です。また翌日や、1か月後など医師の支持通りに定期健診を受けることになります。視力の回復までにかかる時間は人によって違いますが、早ければレーシック手術直後から、翌日には矯正される人がほとんどです。視力1.0まで回復している人の割合が高く、レーシック手術は近視の人から注目されています。

レーシックのメリットとリスクどちらも大事であること

レーシックは視力の矯正のための外科手術のひとつです。角膜にフラップというフタ状のものを作ってから角膜にレーザーをあてて厚みを変えます。その後フラツプを戻すと、角膜の形が変わって屈曲率が変わるので視力が矯正されます。

レーシックは手術ですから、リスクがゼロではないといえます。レーシックのリスクとしては、手術の後に光がぼんやり見えるハロ・グレア現象や涙の分泌が少なくなって眼球が乾くドライアイなどの合併症があります。これらは一過性の合併症で多くの人が体験しますが、まれには手術中の最近感染による細菌性の角膜炎などといった重い合併症が起こる可能性もあります。

どんな医療でもリスクはゼロではなく、メリットとリスクをどちらも重視した結果メリットの方が大きければ治療を受けることになります。

レーシック手術でも、視力の矯正というメリットが最大限に得られ、なおかつ考えられるリスクを最小限にとどめるために信頼できるクリニックを選ぶのが肝心です。