レーシックのメリットとリスク > メガネやコンタクトが不要になる

メガネやコンタクトが不要になる

レーシックのメリットは、メガネやコンタクトレンズが不要になることです。レーシックが成功すると裸眼でも十分な視力となります。よって、メガネやコンタクトレンズを装着する必要はなくなります。そうなれば当然、購入することもなくなるため、家計の節約にも繋がり一石二鳥です。

しかし、人によってレーシックが成功しないこともあります。そうなってくると、またメガネやコンタクトレンズが必要となってしまうため、レーシックを受けたからといってすぐに処分しないようにすることをお勧めします。施術後すぐに視力が回復するとも限りません。そのため、メガネやコンタクトレンズはある程度の期間、常備しておいた方が安心です。

施術をしてくれた担当医にも成功したことを認めてもらい、自身でも裸眼視力の満足さを実感することができるようになったら、メガネやコンタクトレンズはもう要らなくなります。裸眼で過ごせるようになれば、常にメガネやコンタクトレンズを用意することがなく楽になります。