レーシックのメリットとリスク > 精神的に明るくなる

精神的に明るくなる

近年レーシックの手術を受ける人が増えています。レーシックとは、目の角膜を切開してふたを作り、それをめくってレーザーを照射して屈折率を調整する事で視力の回復を図る手術の事です。

では、レーシックの手術を受ける事のメリットはというともちろん視力が回復する事です。視力の回復で今までメガネやコンタクトを使う事を余儀なくされていた生活から解放されます。今までコンタクトをしていて、気軽に居眠りも出来なかった人もいるはずです。

あげればきりがないほどのメリットはありますが、一番のメリットは世の中が明るく見える事です。良く近視の人が、初めてめがねを掛けた時に世の中が明るく見えるといういいますが、それは近視の人がメガネを掛けた時に、視界が明るくなります。

それは近視でそれだけ普段は、暗く見えていたという事です。レーシックによりコンタクトやめがねを使う事無く視界が明るくなるのです。視界が明るくなると、当然気分も前向きに明るくなります。レーシックは、視力を回復する事により精神的も明るくしてくれます。